ねこ3生活

保護猫で甘えん坊のアイニー、ブサカワふうたぉ、ツンデレ姫くぅにゃんのグレ猫3兄弟に振り回されながらも楽しい、ねこさんとの生活を綴ったブログです。

タグ:枕

昨日、夫と出かけようと準備をしていた時のこと。持って行くのを忘れちゃいけないものをポイポイと出して置いたらふうたぉに枕にされてしまった!!ふうたぉ~、その黄色いの返してくれよ~。そう、そのあごの下に敷いているヤツ。その枕にしているやつ。そう、ボックスティ ...
続きを読む
昨日、夫と出かけようと準備をしていた時のこと。

持って行くのを忘れちゃいけないものを
ポイポイと出して置いたら
ふうたぉに枕にされてしまった!!


ボックスティッシュを枕にする猫

ふうたぉ~、その黄色いの返してくれよ~。



ボックスティッシュを枕にする猫

そう、そのあごの下に敷いているヤツ。



ボックスティッシュを枕にする猫

その枕にしているやつ。
そう、ボックスティッシュ。



ボックスティッシュを枕にする猫

あぁ、なんてこった。
ガッツし、抱え込んどるやないの~。




ふうたぉから奪い取ったボックスティッシュを持って向かった先は映画館。

そう、歌川さんの映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を観に行ってきました。
みなさんの試写会のレポートを見て、公開する日を楽しみに待っていました。



席について膝の上にこのボックスを置いてスタンバイ。

それに気づいた夫が驚きとともに冷ややかにこう言った。
「だからあなたのバッグはいつも大きい・・・」





でも、やっぱりタオルとボックスティッシュは持って行って正解でしたよ。
あ、いつもバッグにいれてあるストールは、ひざ掛けとして使いましたよ。



母さんがどんなに僕を嫌いでもと猫

ほら、ふうたぉ。
観てきた映画のパンフレットだよ。


あ、その目つき。
これじゃない、早く枕を返してと言っているんか。




kuroneko-line500-2


私は母親役の吉田羊さんがどう演じてくれるか楽しみにしていました。

虐待のシーンは思わず声をあげてしまうこともありましたが、
その爆発する怒りの中に表現される、得体のしれないイライラと淋しさ。

大人になっていくタイジに感じる、自分の心の奥を見透かされるような恐怖。
タイジの純粋さが、優しさが、彼女の心の傷を逆撫でする感じ。
気持ちのすれ違いが実に切ない。


子供への虐待が注目されていますが、それだけじゃない。
最後には心がポッと温かくなって、人間っていいなと思わせてくれる映画でした。







今日もご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。




line3

ふうたぉがお昼寝している。気持ちよさそうだね。でも、ふうたぉ、ふうたぉ。ふうたぉ、ちょっと起きてちょ~だい。あ、やっと目覚めた。気持ちよさそうに寝ているところ悪いんだけど、そのアゴ枕、返してちょ~だい。だってそれ、枕じゃなくて、私の靴下なんだもん。取り込 ...
続きを読む
ふうたぉがお昼寝している。

お昼寝する猫

気持ちよさそうだね。
でも、ふうたぉ、ふうたぉ。


お昼寝する猫

ふうたぉ、ちょっと起きてちょ~だい。


お昼寝する猫

あ、やっと目覚めた。


お昼寝する猫

気持ちよさそうに寝ているところ悪いんだけど、
そのアゴ枕、返してちょ~だい。




お昼寝する猫

だってそれ、枕じゃなくて、私の靴下なんだもん。




kuroneko-line500-2

取り込んだ洗濯ものを畳んでいたら、靴下が片一方ない。

あれ、どこ行った???と思ったら、
横で寝ていたふうたぉのアゴ枕にされていました。

洗いたてのシャツやバスタオルも、
畳んでおくと誰か乗ってます。









読者登録をお願いします。
LINEで更新をお知らせします。