寒い朝、窓から差し込む太陽の光を楽しむくぅにゃん。


見つめる猫



見上げる猫

朝の始まり、今日はどんな一日になるだろう。
きっと楽しいことが待っているよ。


と、そこへ邪魔する魔の手が伸びた。




驚かす猫



落っこちた猫

ひとり自爆!!
垂直落下。


kuroneko-line500-2

くぅにゃんは窓辺に置かれた小さなキャットタワーがお気に入りの場所です。
よくその上に乗って、外を眺めています。

ふうたぉはたま~に、気が向いたら使うかな。
でも、ふうたぉの体型にはちょっと小さく見えます。
くぅにゃんがひとり占めしているのを邪魔しようと思ったのか、
それともちょっと驚かそうと思ったのか・・・?

ふうたぉ、イタズラしようとするからそんなことになったんだよ。



今日もご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。