週に2、3回、両親の様子を見に実家に顔を出しています。

ドアを開けると階段の上に、実家のハチワレ猫さんのあぽの姿が・・・

実家の猫

あぽ、遊びに来たよ。


実家の階段

あ、引っ込んだ。
あぽ、遊びに来たんだから降りておいでよ。

いくら声をかけても出たり引っ込んだり





こんな感じ。
何度も繰り返している。

もうしびれを切らして私たちは茶の間へ


実家の猫

あ、階段の下まで降りてきた。
でも、階段の陰に隠れてずっとこっちの様子をうかがっている。


実家の猫

やっと警戒心が解けたのか、少しずつ近づいてきた。



実家の猫

捕まえた!
今日は逃げられないよ。その尖った爪を切るんだからね。


kuroneko-line500-2

実家のあぽは人懐っこいんだけど、
いつも決まって階段の上から見下ろしています。

今日は爪を切られるのを察していたのかなかなか近づいてきませんでした。
感がいいのかな。

それにしてもよくそんなに伸ばしたよってぐらい長くて鋭い爪をしてました。
母に時々爪を切ってあげてよと言っても
「だってかわいいんだもん」って。答えになってないわ。


今日もご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。




読者登録をお願いします。
LINEで更新をお知らせします。