うちの近所に日立製作所の中央研究所がある。
東京の郊外、国分寺にある、通称日立の森。
敷地面積約20万平方メートル。
自然の樹木や野鳥が生息しています。


春と秋、年に2度だけ一般公開するのだけど、
昨日がちょうど秋の公開日ということで、カメラを持って出かけてみました。

紅葉

庭園の真ん中には大きな池があります。
多摩川の支流、野川の源流の湧水が溜まった水なので透明度がすごい!!
鏡のように景色が映し出されていました。


紅葉

紅葉には少し早いかと思いましたが、
赤や黄色に色づいた木々と青い空とのコントラストが美しかったです。


冬桜

冬桜の薄ピンクが紅葉の中に浮かびあがっていました。



PB197226s

小さな水門がいくつかあります。


池の鯉

池には鯉も泳いでいます。
底まで見えそうなくらい澄んでいます。
でも、ちょっと冷たそうだねぇ。


中央の広場では食べ物屋さんもたくさん並んでいました。
国分寺産の花や野菜の販売も。
芝生にレジャーシートを広げて、みなさんピクニック気分。

私も食べたいものがたくさんあったけど、
写真を撮るのに夢中になりすぎて
体の芯まで冷えてしまったので、この辺で引き上げることにしました。

落ち葉

近所で見つけた秋の色。


その頃、ねこ3は・・・

PB187092s2

さむさむの猫団子。


kuroneko-line500-2

年に2度の開放日。
次回は4月1日の予定だそうです。
春は桜の季節。また違った景色を楽しめそうです。

お時間がありましたら、ぜひ足を伸ばしてみてください。
鯉と白鳥と野鳥がお待ちしています。
残念ながらねこさんは見かけなかったなぁ。

今日もご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。





読者登録をお願いします。
LINEで更新をお知らせします。