ねこ3の長男、アイニーと暮らし始めてからは
一度も泊りがけの旅行に夫婦揃って出かけたことはありません。


でも、今回どうしてもふたりで参加したいイベントがあり、
心配ではありましたが、今はみんな健康だしと
初めてお留守番をさせてみることにしました。

ねこ3を誰にお願いしようか。

いろいろと検討した結果、
やはり家でお世話をしてくれるペットシッターさんにお願いすることにしました。

コンタクトをとると、事前に家に来て打ち合わせをすることに。


我が家へいらしたベテランのシッターさんはいきなり
「ねこ3の写真を撮らせていただきま~す」と、
まずはねこ3捜しが始まりました。

ピンポンと同時に逃げていったねこ3は何処へ・・・?



隠れる猫

くぅにゃん、み~つけ。
パイプハンガーの左裏にいた。
シッターさん、洋服を掻き分け潜り込んで写真を撮る。


隠れる猫

アイニー、み~つけ。
パイプハンガーの右側にいた。


隠れる猫

なかなか見つからなかったふうたぉみ~つけ。
ラグの下に潜り込んでいた。


その後は、ねこ3たちのこと、ご飯のこと、トイレのことなど事細かく1時間以上お話ししました。
お話しする間に、シッターさんの人柄もわかり、この方なら安心してお願いできると思いました。



打ち合わせが終わり、私は安心したけど、
さてさて、ねこ3は今度はどこへ行ったかな。



隠れる猫

ベッドのシーツの下のまた下で、大きなオチリみ~つけた。
ふうたぉはベッドパッドの下に隠れていた。


隠れる猫

声をかけると振り返った。
目をまん丸にしてにらんでいる。


隠れる猫

アイニーはカーテンの裏に隠れていた。

そして、くぅにゃんは・・・・どこに行ったか見当たらない・・・。
こんな人見知りのビビりたち、本当に大丈夫なのか・・・・???
再び不安になったのでした。

つづきます。


kuroneko-line500-2

ペットシッターさんがいるのは知っていたけど、
実際お願いしたことはありませんでした。

今回、思い切ってお願いしてみました。
キメ細かい打ち合わせで安心したけれど、
配達員さんが来ただけで、慌てた逃げるねこ3たちは大丈夫なんだろうか・・・。


もしシッターさんってどう?と迷っている方、
躊躇っている方の参考になれば・・・です。









読者登録をお願いします。
LINEで更新をお知らせします。