今日の午後、
ベッドで寝ころびながら本を読んでいたら、ねこ3も来てお昼寝し始めた。


お昼寝する猫

アイニーとふうたぉは仲良く重なり合ってお昼寝zzz

本を読んでいた私もいつの間にか巻き込まれてしまっていた・・・zzz
みんな一緒にお昼寝中。

何時間たったのだろう。
重い・・・
胸が苦しい・・・
夢の中なのか・・・
とにかく胸が重い・・・と思いつつ目を覚ますと



猫の後ろ姿

何だこの塊は・・・・


猫



怒る猫



怒る猫

ふうたぉだ。
おデブのふうたぉが胸の上に乗っていた。

苦しい・・・どいてくれ・・・・

ふうたぉがどいたかと思うと、次に来たのは


怒る猫

アイニーだ。


怒る猫

私の顔を覗き込むように迫ってきている。


怒る猫

何かを訴えているような目つきで睨んでいる。

横にあった時計に目をやると、針は5時を指していた。
そうか、ご飯の時間だわ。




食事中の猫


ということで、ねこ3揃って夕飯となりました。
それにしても、すごいわ、ねこ3の腹時計。


kuroneko-line500-2


休日のお昼寝、気持ちいいんだけどね。
ふうたぉの体重の目覚まし時計はホント強力です。
どんなに寝ていても起こされちゃいます。

朝の起こしかたはもっとハードです。
アイニーは私のアゴを甘噛みします。
そして、くぅにゃんは私の髪の毛をカジカジします。
禿げるからやめてくれ~!!






読者登録をお願いします。
LINEで更新をお知らせします♪