足元にいたのはハチワレ猫のふうたぉ。


見上げる猫

下からじーっと見つめている。
何か言いたいことがあるのかい?

わかった、おやつの催促か?





見上げる猫

ありゃ、違うんかい。





見上げる猫

おやつじゃないとしたら・・・・
う~ん、なんだろう。

遊んでほしい?ブラッシングしてほしい?マタタビか?




見上げる猫

どれも違うんかい。
そんな目でにらまんでおくれ。

言葉にしてくれないとわからない時もあるのよ。





見上げる猫

なんだい、ふうたぉ。
また足元から見上げている。





見上げる猫

え~、なんだろ、なんだろ
やっぱりしゃべってくれないと伝わらないよ。




見上げる猫

あ、しゃべった!

けど、やっぱり・・・何言っているかわかりましぇ~ん。




kuroneko-line500-2


ふうたぉはよく足元から見上げながら何か訴えてます。

大体何が言いたいのかわかるんだけど
おやつかと思っておやつ上げても知らん顔、
ブラシ持ってきても知らん顔って時があります。


くぅにゃんは夜になるとおやつクレクレとしゃべってます。

アイニーは寡黙で不器用な男です。


ねこ3が日本語しゃべってくれたら面白いのにね。




今日もご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。




line3