アイニー、ふうたぉはほぼ正確な腹時計とともに生活しているのに、
くぅにゃんは、ひとり気ままな時間で暮らしています。

そして、夜になるとなぜか鳴きだすくぅにゃん。
でも、今日はもう夕御飯のカリカリは食べたし、なんだろう。
かまってちゃんなのかな。遊んで欲しいのかな。

それじゃ、久しぶりに羽根のついた猫じゃらしで遊んであげようか。


猫じゃらしを見つめる猫

じゃ、いくよ。この羽根をよく見てね。


猫じゃらしと猫

いきなり、スタンディングキャッチか?
顔が怖いよ。でも、ちょっとピンボケだね。


必死な猫

おっと。みごとなジャンピングキャッチ!!
ピントはOKだけど、顔しか写ってないわ。


猫じゃらしと猫

いい?もう一度、よーく見てね。
いくよ。


ジャンプする猫

ジャンピングキャーッチ!!


喰らいつく猫

そして、捕まえた獲物は離さない!!


必死な猫

寝ころびながら必死のキャッチ!!
指が全開だね。


猫じゃらしを離さない猫

離さないよって、
目が怖いわ。


猫じゃらしを離さない猫

離すものかって、
今度は歯が怖いわ。


猫じゃらしと猫

絶対離してなるものか!!


ぺろんちょ

よし、やった。
つかんだら、思いっきり足で押さえる。


猫じゃらしと猫

ふふっ、これで完璧。


にらみつける猫

仕留めたじゃらしは私のもの。
誰にも渡さないんだから!!


kuroneko-line500-2

久しぶりに結構な時間、猫じゃらしで遊んでました。
何度もジャンプしたくぅにゃん。
最後は寝ころびながらも、格闘してました。
くぅにゃんはまだまだお子様なんだね。

実は、左手で猫じゃらしを振り回し、
右手でカメラを構えて闘った私の方が、バテバテです。


ouzasoudatusen damesofa





今日もご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ご協力お願いします。





読者登録をお願いします。
LINEで更新をお知らせします。