小さな小物入れにスッポリ入って寝ているくぅにゃん。


眠る猫

日差しを浴びて




眠る猫

よく寝ている。




眠る猫

そこへふうたぉがやって来て




眠る猫

頭を優しくなめていった。




眠る猫

次にアイニーがやって来て




眠る猫

そっと横から見つめていた。






眠る猫

気づいてないかもしれないが、

くぅにゃん、きみは結構守られているのだよ。




kuroneko-line500-2


珍しくねこ3に優しい時間が流れています。


くぅにゃん、羨ましいぞ。
私も優しく見守ってくれるお兄ちゃんが欲しかったな。


ふうたぉもビビリなだけではないんだね(笑)





今日もご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。




line4