朝、眠りから覚めて最初に目に映ったのが
ねこ3だったら


夢の続きみたいでとっても幸せだ。





朝の猫

知らない間に腕枕にされていて、
こんな無防備な顔を見せられたら・・・


こっちがとろけてしまいそう。




眠い猫

アイニーの奥にはふうたぉ。
珍しくお布団の中に入っている。





眠い猫

うぅ、ふうたぉも黒目がちなつぶらな瞳。
たまらん。



眠い猫

どうした、ふうたぉ?




あくびをする猫

大あくびか。




眠い猫

ショボショボのお目々。
まだ眠いね。





眠い猫

グルグルと喉を鳴らしていたと思ったら、

あぁ、よだれ爆弾落とされていた。




眠い猫

すぐ横にはアイニーとふうたぉ。

夢の続きみたい。







催促する猫

あれ、アイニーは起きたのかい?
その目は催促だね。

お腹すいたんだ。
きみの腹時計は正確だね。




朝の猫

ふうたぉはまだこのままお布団の中でまったりしていたそうだね。
でも、もう起きるよ。


さあ、カーテン開けて。
お天気良いからシーツ洗うよ!!



kuroneko-line500-2


ショボショボの顔がたまらんです。

アイニーは必ず左側に潜り込んできて、
腕枕で寝ています。

ふうたぉは布団の上で丸くなっていることが多いです。

くぅにゃんは昨日は布団の上で寝ていたけど、
今日は見当たらなかった。
どこで寝ていたんだろ?

起きなきゃならない時間だってわかっていても、ねこ3がいると動けない。
できるだけ長く一緒に夢の続きを楽しんでいたいから。

冬は特にね



今日もご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。




line3